女性の40代は、今までにしていたスキンケアよりも、さらに一歩踏み込んだスキンケアが必要になってくる時です。

年齢を重ねる事で体内の代謝や免疫機能が落ちてきます。
それに伴い、肌が劣化していかないよう新たに対策を立てる必要があるんです。

今回は、女性用保健薬「ロスミンローヤル」 を、40代のスキンケアに取り入れるメリットなどについてお話していきます。

ロスミンローヤルを飲むと太るの?

まず、ロスミンローヤルでよくある勘違いについて言及したいと思います。

と言うのも、「ロスミンローヤルを飲んだら太る」という口コミが一部広まっているからです。
ネットの口コミを鵜呑みにするのはどうかと思いつつも、やはり真実はハッキリさせておきたいですよね。

そんなわけで、ロスミンローヤルと体重増加の関係について、私の方で少し調べてみました。

結論から言いますと、ロスミンローヤルと体重増加に直接の相関関係はないんです。
むしろ、脂肪燃焼効果をアップさせるカルニチン塩化物が入っているので、ダイエット効果が期待できるくらいです。

もしかしたら、ロスミンローヤルを飲む事によってホルモンのバランスに影響が出るのかもしれませんが、そこも体質によりけり。

はたして、ロスミンローヤルは太るのか?
その答えは「その人の体質や相性次第」といったところでしょう。

ロスミンローヤルは40代以上に効果アリ?

それでは本題である、40代の方がロスミンローヤルをスキンケアに取り入れるメリットについてお話していきます。

ロスミンローヤルは飲むタイプのスキンケア医薬品で、別名「女性用保健薬」と言われるほど、女性特有の症状に効果が高い製品です。

肌の新陳代謝を上げてターンオーバーやバリア機能を活性化させるというのがメインの効能です。
それにプラスして、生理不順・冷え性・腰痛・更年期症状などの改善効果も期待できます。

冷え性や腰痛にも効果的なのは、代謝量がアップすることに関係していると思われます。
特に40代以降になると代謝が落ちてきますので、身体の中から新陳代謝を良くしてくれるロスミンローヤルの効果はまさにうってつけであるといえます。

ロスミンローヤルの効果がないと嘆く人へ

「ロスミンローヤルを飲んだけど何も変わらなかった…」
「ロスミンローヤルを飲んだら湿疹が出た…」

上記のような口コミも時々ですが見かけます。
一部の食品にアレルギーを持つ人がいるように、「ロスミンローヤル」という医薬品そのものが体質に合っていない人もいるでしょう。

そのお薬が自分の身体に合っているかどうかは、成分表記で確かめるか、パッチテスト感覚で実際に何粒か飲んでみるしかないと思います。
参考までに、ロスミンローヤルが向かないケースを判明している範囲で記載しておきますね。

・金属、もしくは植物アレルギーの人(成分が合わない可能性が)
・その他、薬などによりアレルギー症状を起こした事がある人
・医師の治療を受けている人
・お腹が弱い人(新陳代謝が活発になるので)

あとロスミンローヤルの効果を感じやすくするコツは、決まったタイミングで毎日欠かさず飲み続けること。

ヒトの細胞が生まれ変わるには最低でも数週間以上かかります。
三日三晩で変化が訪れることはないので、どうか数ヶ月は諦めずに続けてみてほしいです。

小じわは、乾燥などの肌トラブルが原因!

ロスミンローヤルは小じわ・くすみ・乾燥肌・ほうれい線などの改善に特化しています。
そもそも小じわやくすみなどを起こす原因が、乾燥肌によるバリア機能の低下やターンオーバー(再生サイクル)の乱れです。

古い角質を上手に取り除けなくなるから肌もくすんできますし、乾燥した肌は年齢もあってたるみやすいです。
そのたるみが、小じわやほうれい線へと繋がってくるんですね。

ロスミンローヤルはお肌や体内のターンオーバーを活性化させてくれるので、肌のハリや保湿力が上がってきます。
結果的に、小じわやほうれい線の改善へと繋がるワケですね。

また、ロスミンローヤルに含まれるビタミンCやビタミンEも、肌の老化の改善に一役買ってくれます。

ロスミンローヤルの2chでの評価は?

最後に、ロスミンローヤルの2chでの評価についても調べてみました。

容赦ない辛口評価も頻繁に見かける2ch。
しかし、ロスミンローヤルについては言及しているスレッドが特に見当たりませんでした。

もしロスミンローヤルが悪質な薬であったなら、それなりに叩かれていたかもしれません。
なので、そういったスレッドや書き込みが無いということは安心要素ですね。

ロスミンローヤルは、40代の代謝が落ちてくる年代にこそピッタリな医薬品です。
現行のスキンケアがイマイチしっくりこない方は、試してみてはいかがでしょうか。

ロスミンローヤルの詳細はこちら